読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢に夢見る

気づいたらドルヲタだった人がアイドルへの想いを垂れ流すブログ

わたしとジャニーズWEST。

「わたしと○○」シリーズ第3弾、今回はジャニーズWESTを好きなった経緯について紹介する。なんとこのブログが面白いとお褒めの言葉をいただいたので、張り切っていきたいと思う。




わたしが彼らを知ったのは、まだジャニーズWESTというグループが出来る前だった。

まず初めに知ったのが淳太くんと照史くん。言わずもがな、ごくせん第3シリーズの影響だ。主要生徒キャスト6人のうち3人がジャニーズということに驚き、誰だろうと思っていたら、Hey!Say!JUMPの高木くんと…どなたですか?状態に陥った。得意のパソコンで検索してみたら、たくさん出てくる彼らの情報。へぇ、関西ジャニーズJr.の中間淳太くんと桐山照史くんか。B.A.D.という2人組なのね、なるほど。ちなみにその頃はまだ嵐にもハマっていない頃だったので、ジャニーズに関する知識も世間一般の方が持っているくらいしかなかった。

でも、ドラマを見ているうちに「桐山くんかっこいいな〜」とか言ってた。ただし主要キャスト6人で一番好きだったのは三浦春馬くんだった。



それからしばらく経った2012年の春辺り、7WESTと濱ちゃんを知った。


7WESTはその頃まだギリギリ6人だった。でもその中の2人はその後すぐにやめてしまい、7WESTは4人になってしまった。わたしは圧倒的に6人の期間より4人の期間を見ている方が長いんだけど、6人の時の方が好きだ。優馬が7WESTにいたことを知ったのはしばらく後だった。

当時わたしは嵐、Sexy ZoneA.B.C-Zを応援していたが7WESTはまた別の意味で応援していた。「関西では7WESTが好き〜」みたいなノリ。しげを好きになった経緯はイマイチ覚えていないけど、彼の笑顔がとにかく好きだった。本当に7WESTが大好きだったのでジャニーズWESTでしげのメンバーカラーが赤に決まった時、正直違和感しか感じなかった*1

濱ちゃんも7WESTとほぼ同じ頃に知った。雑誌等で「濱田崇裕 with Veteran」でよく載っていたため、「この人すげぇエリートなんだろうな」って思ってた。グループを従えられるほど凄い人なんだと勝手に思ってた。わたしは彼の相方がいた時代を知らないし、知らなくてもいいかなと思うのであまり踏み込んでいない。

ちなみに彼の歌うGive meが大好きで、少クラで披露した際は何度もリピった。「右肩下がりのEvery day」という歌詞のところで毎回「両肩下がってるじゃんwww」とツッコんでた。




ゆるゆる~っと応援していた関西ジャニーズJr.達だったが、ある日突然衝撃が走った。

そのある日とは2014年1月1日、カウコン放送中に起こった。年明けてあけおめ~!光一くんハピバ~!ってなってすぐに「僕達、今年デビューします!」って出てきたのが淳太くん、照史くん、しげだった。そしてそのまま見学席にいるでっかい紙みたいなのをもった小瀧*2の元へ駆け寄った3人。小瀧が持つ紙には「ジャニーズWEST4」と書いてあった。

わたしはパニックに陥った。 ジャニーズWEST4…?B.A.D.と7WESTはどうなるの?濱ちゃんは?語呂悪くね?人数の数字つけると痛い目に遭うぞ???…等々。一番のショックは7WESTの事実上解体だった。その夜はよく寝付けなかった。とても複雑な気持ちでの年明けだった。


とにかくモヤモヤしたままで始まった2014年。でもその後"4"の部分はあっさり取り除かれて、もしかして…と期待も高まった。

そして迎えた2月5日、ジャニーズWESTとしての初舞台の初日、そこには先に発表された4人に加え神ちゃん、流星、濱ちゃんの姿もあった。この現場に入ったファンの方々のレポがTLにたくさん流れてきて雪華さんお風呂で大号泣。しげが一番好きだけど、7WESTがまるっと大好きで濱ちゃん愛でたい人間なのでもうそれは本当に嬉しかった。



無事ジャニーズWESTとして7人でデビューした彼ら。デビュー当時は普通に担当としてではなく応援していた。しかし、わたしがアニヲタだらけの演劇部の中でジャニーズを布教しまくったら、ある同期の女の子がジャニーズWESTの担当になる、とわたしに伝えてくれた。わたしはその頃主に嵐とA.B.C-Zのことを喋っていたのでまさかのジャニーズWEST!ってなったが素直に嬉しかった。その子と部活でしょっちゅうジャニストの話をしていたので、担当ではなかったけど普通のジャニヲタさんと比べればジャニストの知識は多かったかもしれない。

その友達から「ええじゃないか」と「Go west よーいドン!」を借りたり、ズンドコパラダイス発売の際には2人で「ズンドコパラダイスってなんだよwwwしかもジャケ写wwwwww」ってなってた。しかしハマる気配は見せず。



そして時は流れ2015年9月、いつも通り少クラを見ているとジャニーズWESTがパフォーマンスをしていた。そのパフォーマンスを見た瞬間、明らかに心の高鳴りを感じた。その時に披露していたのは「SCARS」という曲だった。この時の興奮はあまりにヤバすぎていまいち覚えていない。とにかく「神曲や!!!!!」と思った。それまでジャニストの曲で一番好きなのはCriminalだったが、秒で塗り替えられた。

こんな具合に。この頃浮上を控えていたためツイートしているのは10月だが、聞いてすぐ録画してたのを鬼のようにリピった。多分1週間で100回はリピった。

すぐに同じ部活のジャス民の子に「パリピポ」を借りて死ぬほどリピった。DVDも3回くらい見た。神ちゃんかわいい、親方のぶつかり稽古最高、こたじゅんやばい、濱ちゃん不憫すぎて愛しい、流星イタズラしたとか萌える、重岡落ち着け、みたいなことしか言ってない。サプライズバースデーケーキは泣いた。めちゃくちゃファンミ行きたくなった。



そしてそれだけではなく、昔の少クラをひたすら漁りだして、ジャニストのパフォーマンスだけひたすら見まくった。そこでハマったのがツイン*3の「VIVID」だった。ちょうどこの頃テスト期間だったけどそんなのお構いなしに超絶リピった。しっかり勉強するから許して、って思いながら1日何十回もリピった。

まず帰宅後着替えて1回見て、勉強の休憩中に見て、寝る直前にもう1回見て、が10月中旬~下旬のルーティーンだった。




この様子からするともう担当といってもおかしくないのに、わたしは変な意地を張って「まだハマってるだけ」とか言ってた。ただ3足のわらじを履くのが怖かったからかもしれない。



11月頭あたりにアルバム発売が決まって、ユニット曲収録に歓喜して、しかもしげかみ!?ツイン!?ってなってたのに担当とは言わないわたし。アルバムも友達に借りてLovely Xmas(;_;)(;_;)(;_;)Terrible(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)ってなったり円周率覚えたりDVD見て神ちゃんかわいい、重岡不憫すぎ、とか言ってたのに担当とは言わないわたし。受験生だから今担当増やしたらヤバイぞ、って勝手に自制していたんだと思う(ほぼ担当みたいなもんだったけど)。




だがしかし、センター試験が終わって一段落した2016年1月17日、わたしはジャニーズWESTを本格的に応援することを、そして重岡大毅くんを新たな担当に迎え入れることに決めた。

ジャス民としては新規だけど、彼らをずっとこっそり応援していた立場としてはこれまでの苦労や成長が愛しいし、これからも彼らの挑戦をずっと見ていきたいと思う。




ジャニーズWESTさん、そしてジャス民さん、これからどうぞよろしくお願いします。

*1:7WEST時代、重岡くんのメンバーカラーはオレンジだった

*2:当時17歳だったためカウコンに出演することが出来なかった

*3:藤井流星くんと小瀧望くんのコンビのこと